UFO、多分、何回か見ていると思います。


自分でも、信じられないんですが、


その都度、
印象的なUFOとの出逢いでした。


そして、
私、一人だけでなく同行者も、
一緒にUFOを見たときのお話をします。




それは、20数年前の私が中学生だったころのお話です。


当時、犬を飼っていたんですが、

私が、毎日、散歩に連れて行っていたときのことです。



学校から帰ってからの散歩なのでちょうど
逢魔が時と言われる時間帯の夕暮れ時になるのです。


別に、逢魔が時といっても、まったく怖い感じはなく、
むしろ、空の青と太陽のオレンジの美しい夕焼けの時です。



いつものように愛犬とお散歩していたのですが、

その日は、仕事から早く帰宅していた、
姉も一緒にお散歩していました。



このところ、学校でも昼間に銀色の物体を見て、
最初はUFOかと思っていたのですが、


やっぱり考えなおして、
人工衛星ではないかという話をしていて、


昨日も、銀色に光る人工衛星を見たんだよ。


という、話を姉にしていたのでした。



そして、今日もきっと人工衛星が見えるだろうと言いながら、
愛犬と姉と私で歩いていたのです。



「ほら、銀色だよ、人工衛星だよね」

「ほんとうだね~、銀色だね」



「やけに、今日は近いね、すごくよく見える」


なんて言いながら



しかし、今日のそれは、いえ、
それ達は、いつもと違っていたのです…



いつも、1~2個ぐらいの銀色の物体は、

なんと、…8個ぐらいだったかな?


もっといたかも



とにかく、たくさんいたんです。


「…なんか、たくさんいるね~今日、
いっぱいいるよ人工衛星、すごいなー!」


なんてのん気に話していたのですが!




不思議な行動を起こしたんです!!!?




一直線に並び、
3角形の上の2辺みたいに90度に4つづつ


全部、キチンとしたキレイな間隔を開けて、



そして、次の瞬間!



一番はしの一個の銀の円盤が銀色の火花を
ねずみ花火のようにクルクル回りながら、
前の円盤のほうに動いていくんです。



そして、その場所に届くと、
そこにいた銀の円盤が動きだし、
同じように銀の火花を散らしながらクルクルと…

こんな感じ

○ → ○ → ○ → ○









姉と二人で、

あっ気にとられながら、

その光景を見ていました。



掃除でもしているのだろうか?
しかし、あんな動きするだろうか?


???


別に、怖い感じはしません、


銀色の物体達は、なにか誇りやかな感じで、
小さな子供が自慢しているような感じの可愛らしい動きです。



そして、
一緒にいた愛犬を見ると、怒った知らん顔です。



犬や猫など動物たちは、
幽霊などの不思議なことに対して
人間よりも敏感ですよね。


家の愛犬も、例外なく敏感でした。


そして、本当に危険なときに、
牙をむいて怒って守ろうとしてくれる、
とても有難い、勇敢な犬でした。


そのことを、すでに、
わかっていた私たち姉妹は、

銀の円盤達のことを無視しまくっている愛犬を見て、
悪意や危険な物ではないことがわかりました。



そんな連中はほっといて、自分を見ろ!


愛犬はそんな、感じでした。



けっこう愛犬は、
秋の花コスモスなど見て、
キレイだね~と声をかけて見ていると、
しばらくは一緒に可愛く見てくれるのですが、
あまりに他の花などやら、いつまでも見てると、
自分を見ろと、怒り出すのでした。



銀の円盤たちが、
愛犬にも見て欲しそうに見えました。



…少し気の毒かも。


などと思いながら、



いつまでも上を向いて見てもいるのも疲れるし、
やっぱり明るい内に家に戻らないとつまずいて転んだり
危ないので、上は見ないで帰りました。



そして、次の日は、1~2個ぐらいの銀色の人工衛星?
がいつもと変わらず運行していました。





一緒の夢を姉と見たことは、
まだ、ありません。



やっぱり、腑に落ちません。




いったい、あれは、なんだったんでしょうか?




怖い思いをしなかったのが幸いですが、



やっぱり、


UFOなのかなぁ?…